どうなるの!?電話占いを未払いにしてしまった場合と高額請求の対処法!

2019年8月11日電話占いコラム

高額請求のイメージ画像
ユーザー評価: --

「電話占いで鑑定が盛り上がってしまい、高額料金を請求されてしまった・・・。」

「今すぐ払うことが難しいけど料金を未払いにしてしまったらどうなるの・・・?」

と悩んでいませんか?

誰にも話せない悩みや、なかなか解決しない問題を聞いてもらっているうちについつい長くなってしまい気付いたときには高額な請求になってしまったなんてことがあるかもしれません。
そんな時すぐに支払えればいいですが、すぐに払うことが難しいこともありますよね。

悩みを解決するために電話占いを利用したのに電話占いの請求で、また悩んでしまう。「次から次へとずっと悩んでばっかだな・・・。」と暗い気持ちなったり「支払いどうしよう・・・。」と不安に感じてしまうはずです。

とはいえ、未払いにしてしまった場合どうなるのかをきちんと理解し、高額請求されてしまったけどすぐ払えない場合の対処方法がしっかりわかっていれば、そのことで悩む必要はないんです。

もっと言うとわからないから不安なだけなんです。

そこで今回は、あなたの電話占いに対する不安や悩みを解消できるよう「電話占いを未払いにしてしまった場合と高額請求の対処法」を徹底解説していきたいと思います。

それではまります!

電話占いの請求を未払いにしてしまった場合はどうなるの?

悩んでいる女性のイメージ写真

まず、はじめに電話占いを利用したのに料金を未払いにすることは絶対にやってはいけません。
例えば、

  • 鑑定が長くなってしまい高額になってしまった
  • こんなに高額請求されると思わなかった
  • 鑑定結果が納得できなかった

など、自分が思ってもいなかった結果や請求だったとしても利用した分の料金を支払うのは当然です。
なぜなら電話占いサイトに登録した際に利用規約に同意して利用したのは自分だからです。

では実際に請求を未払いにしてしまった場合どうなるのかをひとつずつ解説していきます。

① 催促の電話がかかってくる

基本的に鑑定料金の請求は、サイト内の個人ページやメールで請求書が届きますが、それを未払いにしていると再度メールでの請求が届きます。
それでも未払いが続く場合は、直接電話によって支払いを催促されることになります。

そして、時間がたつにつれ早急に支払いをさせるため電話の頻度も数日に1度から徐々に増えていき毎日かかってくるようになるのです。

多くの電話占いサイトは未払い者への対応を専門業者に任せているため未払いを回収するまで催促され続けることになります。

② 自宅に督促状が届く

電話による催促でも支払われなかった場合や電話を無視し続けていると自宅に督促状が届きます。
督促状は電話占いの会社ではなく裁判所が直接送ってくるものです。

これは電話占いの会社が提訴したことにより個人情報が裁判所に伝わり裁判所から直接コンタクトが来ているということになります。

ここまでくると事態は大きくなり家族などにも知られてしまうことになりかねません。
このまま無視を続ければ裁判所から出廷命令が来る可能性もあります。

③ 延滞金が発生してしまう

長期間にわたり未払いの状態が続くと、もともとの請求金額の他に延滞金が発生してしまいます。
そのため未払いの期間が長ければ長いほど延滞金は加算され、もともとの請求金額より遥かに高い料金を請求されることになりかねません。

多くの電話占いサイトでは利用規約の中に延滞金が発生することが記載されています。
そして、その利用規約に同意しているため延滞金を含めた金額を支払わなくてはならないのです。

あまりに高額な延滞金の請求に対しては払わなくてもよくなるケースもありますが、その場合は弁護士による手続き等が必要になるため、そちらにかかる費用のほうが高くなるなんてこともあるので注意しましょう。

④ 最終的に裁判や財産の差し押さえになる可能性も!

電話での連絡を無視し続け、督促にも応じず、未払いを続けていると最終的には裁判所からの出廷命令が届きます。
さらに、裁判所の出廷を無視した場合は法的手段により銀行口座や不動産など財産の差し押さえを受けてしまいます。

ここまで来るともう逃れることはできません。そして強制的に料金を支払わされることになります。

もともとの請求金額に延滞金、裁判費用などが加算され、さらに高額な支払いが強制的に行われてしまいます。
裁判所から出廷命令が出た時点で弁護士に相談することもできますが、やはりその費用も高額になってしまうでしょう。

「鑑定時間が長くなり、高額になってしまったから未払いしてしまおう。」

「請求が何度も来て催促されているけど無視していればそのうち諦めるだろう。」

なんて安易な考えでそのまま放置していると最終的にこのような事態に陥ります。
そして、気付いた時には遅く自分一人では収まらない大きな問題を抱えることになるのです。

電話占いで高額請求されてしまった時の対処法は?

対処方法のイメージ画像

上記でお伝えした通り電話占いの請求を未払いにしてしまうことがどれだけ危険であるかということを理解していただけたかと思います。
とはいえ、実際に電話占いの請求が高額になってしまったため、すぐに支払うことが難しい場合もあると思います。

そのような場合、どう対処すればいいのかを具体的に解説していきます。

期日までに払えない場合は?

「ついつい話すぎて請求金額が高額になってしまったけど今すぐに払えない・・・。」

「未払いにするつもりはないけど給料日まで支払いができない・・・。」

「急な出費があり期限までに支払いができなくなってしまった・・・。」

そのような場合は、まず電話占いの受付コールセンターに問い合わせをしましょう。
期日までに支払いが間に合わなくなってしまったが、支払う意志があり支払いできる期日を素直に伝えることが大切です。

そのような内容を電話で伝えることで催促の電話や督促状が送られてくることも避けることができます。
中には延滞金の発生を抑えられるケースもありますので、まずはコール―センターに電話をしましょう。

一番のNGは未払いを放置

例え、請求に対して払う意志があり、お金が入ったら支払おうと考えていたとしても支払いの期日が遅れるようならばコールセンターに電話をしましょう。
連絡もせず、そのまま支払いも忘れていた場合、延滞金が加算されてしまいます。

延滞金が払いたくないから支払いを先延ばしにしているとますます金額が高くなり払いたくない気持ちになってしまうかもしれません。

最初は払おうと思っていたけど結果として未払いの状態になり、その状態を放置してどんどん自分の首を絞めることになってしまいます。
そうなる前に必ずコールセンターに電話をすることが大切です。

電話占いの請求を未払いにしてもいい場合もある

ここまで電話占いの請求は未払いにしてはいけないと解説してきましたが、請求を未払いにしてもいい場合があります。
その場合とは、以下の3つの場合です。

  • 料金が明記されていない、または表示価格と異なる場合
  • 請求が時効になっている場合
  • 明らかに詐欺の場合

ひとつずつ解説していきます。

料金が明記されていない、または表示価格と異なる場合

電話占いのサイトページ内に料金が書かれていなかったり電話でなんの説明もない場合は詐欺の可能性があります。
また表示価格と違う金額を後から請求された場合は表示されていた金額以外を払う必要はありません。

ただし、この場合は表示されているのに自分の確認不足で見落としていたり事前の説明を忘れているなど自分のミスによるものは適応されませんので注意が必要です。
また、悪質なケースではわかりづらい説明やこちらが把握しづらい場所に表示されている場合もあります。

少しでも不信に感じたり不当な請求をされた場合は支払いをする前に消費者センターに相談することをおすすめします。
消費者センターから無視することを指示された場合は未払いのまま無視しても問題ありません。

請求が時効になっている

時効になっている過去の請求に対して支払いをする必要はありません。
商行為に適応される時効は5年です。5年以上前の請求は無効になると法律で定められています。

ただし、5年以上逃げ切れば勝ちだと思って未払いを放置し続けることはやめましょう。
その前に財産の差し押さえが執行され結局は高額な請求をされてしまう可能性が高く、基本的には利用した料金を支払うのは当然だからです。

これはあくまで5年以上前の請求が来た場合は払わなくてもよいということです。

明らかに詐欺

明かに詐欺だといえる場合には未払いにしても問題ありません。

例えば、

  • 明らかに相場を遥かに超えている高額な請求
  • 登録していないサイトからの請求
  • 利用していない日の請求
  • 内容が合っていない請求

このような場合支払いをする前に消費者センターに相談しましょう。
ほとんどが支払いをする必要のない詐欺である可能性が高いですが自分だけで判断するのではなく消費者センターに相談して詐欺かどうか見極めることが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
電話占いの請求を未払いにしてしまった場合は、以下のような状況に陥ってしまいます。

      催促の電話がかかってくる
      自宅に督促状が届く
      延滞金が発生してしまう
      最終的に裁判や財産の差し押さえになる可能性もある

未払いを続けていると最終的に裁判や財産の差し押さえを受け、強制的に支払わなければならなくなります。
延滞金や裁判費用なども加算され、より高額な料金を支払うことになります。

そうならないためにも未払いをすること、催促や督促を無視してそのまま放置することは絶対にやめましょう。

高額請求に対してすぐに支払いができない場合は放置するのではなく、電話占いの受付コールセンターに電話をしてください。。
その際は以下を素直に伝えるようにするとよいでしょう。

  • 期日までに支払いが難しいこと
  • 支払う意志があること
  • お金が入り次第支払いができる期日

そうすることで、電話での催促や督促状が送られてくることを避けることができ大きな問題になることはまずありません。

また、詐欺である可能性があり少しでも不安に感じる請求に対しては支払う前に消費者センターに連絡し確認することでより安全に電話占いでのトラブルを避けることができます。

以上の内容をきちんと理解し、しっかりとした対応をすることができれば不安に思うことはなく安心して電話占いを利用することができますのでお悩みの方はぜひ、参考にしてみてくださいね。
今回の記事が少しでもあなたにとってお役にたてれば幸いです。

以上、どうなるの!?電話占いを未払いにしてしまった場合と高額請求の対処法!…についてでした。