【状況別】復縁に必要な冷却期間の目安と注意点。ただ待つだけでは駄目?【男性目線】

復縁に必要な冷却期間のイメージ画像

よく、復縁には冷却期間が必要だと言われます。実際に冷却期間を設けた方がうまくケースが多く、それ自体に問題はありません。
しかしながら、ただ待てばいいというわけではなく、相手との関係性や別れ方次第で冷却期間の長さや過ごし方を変える必要があるのです。

そこで今回は、復縁に必要な冷却期間の目安と注意点について解説します。

「冷却期間を取ればいいのはわかるけど、どれくらい待てばいいのかわからない」

「冷却期間を過ごすときはどうすればいいのか知りたい」

という悩みがある方は参考にしてみてください。

冷却期間は三ヶ月必要?

よく、冷却期間は三ヶ月は必要だと言われます。
ネットや本で調べてみると、三ヶ月の冷却期間を設けましょうと書いてあることが多いです。

確かに三ヶ月もあればお互い冷静になれることが多いですし、人が変化するには十分な期間です。
例えば見た目を変えようと考えてダイエットで綺麗になろうと思ったら、一ヶ月だと大変ですが、三ヶ月くらいあれば少しくらいなら変われるでしょう。

また、三ヶ月は人の気持ちが変わる一つの目安にもなります。
よくカップルは三ヶ月、半年、一年など3の倍数で別れの危機が来るといいますよね?それだけの期間が経つと、気持ちに変化が生じて別れたくなりやすいわけです。

復縁も似たようなもので、三ヶ月もすれば別れた直後から気持ちが変わるので「また付き合ってもいいかな」という気持ちになりやすいです。

こうして考えてみると「冷却期間には三ヶ月が必要」で間違いがないようにも思えます。
しかし、これはあくまでも目安です。ケースによっては一ヶ月くらいでいいこともありますし、逆に半年は必要なこともあります。

三ヶ月は絶対守らないといけないわけではなく、あくまでも一つの目安に過ぎないのです。
判断に困ったときは、後述する内容を参考にしつつ、三ヶ月を基準にして冷却期間を短くすべきかもっと長く取るべきか考えるといいでしょう。

冷却期間の判断基準は

冷却期間をどれくらい設けるかの判断基準は、ズバリ「元彼が冷静になって後悔の気持ちが出るまでの期間がどれくらいか」です。

そもそも冷却期間が必要なのは

  • 別れた直後は冷静でないので冷静になるために時間が必要
  • 冷却期間があれば自分を変えられる

といった理由があるためです。
つまり、元彼が冷静になっていないなら、冷却期間の意味が半減することになります。

別れて一人になってパートナーの大切さに気づくことはよくあります。他の人と付き合ってみて理解することもあるでしょう。
元彼が冷静になってあなたのことを考えるというプロセスがあるからこそ、あなたを見直し、復縁したいと思うようになるのです。

冷静になれば、別れない方が良かったと後悔する気持ちが生まれます。あなたとやり直したい気持ちが出て、チャンスがあれば復縁したいと思うようになるのです。
また、あなたが成長していい女になっているのを見て、別れを後悔するケースもあります。

元彼が冷静になり、あなたの成長を見たりして別れを後悔するのに必要な時間が冷却期間です。
元彼があからさまに後悔していなくても「別れなくても良かったのかな」と少しでも気にする気持ちが出てくれば、冷却期間は終わりです。

後はこちらからアプローチを仕掛ければ、復縁できる可能性が高いです。

【状況別に分類】冷却期間の目安

それではここからは、状況別に冷却期間の目安を解説します。自分たちの別れ方やコミュニケーションの状況によって、どれくらい冷却期間を設ければいいのか考えてみてください。

一ヶ月

まずは冷却期間が一ヶ月以内のケースを見ていきましょう。これらのケースは比較的脈ありで、話がスムーズに進みやすいです。
下手に冷却期間を空ける必要はなく、スピーディーにアプローチしていいでしょう。

勢いの喧嘩別れ

勢いで喧嘩別れしただけで、お互いに後悔しているケースです。
すぐにでも復縁したいと思っていても、意地もあってなかなか声をかけることができなくなっています。

この場合は、2週間前後で復縁のアプローチをして構いません。まずは喧嘩のことを謝り、後悔している気持ちを伝えましょう。
彼の顔を立てつつ「復縁したい」と言うのがポイントです。

下手に意地を張って連絡しないでいると、相手も怒りが止まらなくなって、復縁が難しくなります。
「連絡も全然しないで!そんなに簡単に別れていい仲だったのか!」などと思われ、今度はしばらく復縁できない状態になってしまいます。

冷却期間を長く空けるのがマイナスになるので気をつけてください。

参考:【男性目線】喧嘩別れをして音信不通になった彼氏の男性心理と復縁方法を期間別に解説!

元彼からLINEが頻繁に来る

元彼からLINEが頻繁に来るのは、まだ元彼に未練がある証拠です。少なくても嫌悪感はなく、仲良くしたい気持ちがあります。
この場合もあまり冷却期間を空ける必要はなく、2週間前後でアプローチしても構いません。

冷却期間が過ぎたら久しぶりに会って話すなどして、楽しい時間を過ごすようにしてください。
元彼の様子を探ってみて、いけると思ったら復縁の話を持ち出すといいでしょう。

ただし元彼がすぐに新しい彼女を作っている場合は別で、しばらく様子見をした方がいいです。
その場合は今のポジションを維持し、相談に乗るなどして自分の良さをさり気なくアピールするといいでしょう。

元彼が新しい彼女とうまくいっていないときがチャンスです。

セフレ化している

元彼とセフレ関係になっている場合は、一ヶ月程度の冷却期間が必要です。元彼に都合よく扱われており、今のままだと復縁は難しいです。
元彼に嫌われないようにセフレになっているのでしょうが、今のままだと「元カノ」から「ただのセフレ」に格下げされてしまいます。

セフレになっている時点でコミュニケーションを取れているので、チャンスがないわけではありません。
しかし、今のままでは復縁はできず、セフレから脱せません。

勇気を出して一ヶ月会わないようにするとか、連絡を控えるなどして、元彼の思い通りにならないようにしてください。
元彼に追いかけさせるためにも、安易に返信しないことが大事です。

なかなか会えなくなると、元彼はあなたを価値ある女性のように思えます。「ただのセフレ」ではなく「手に入れたい女性」へと見方が変化するのです。
元彼とたくさん会いたい気持ちをグッとこらえて、元彼が求めるいい女を目指しましょう。

参考:【男性目線】セフレになった元彼と復縁する方法。セフレから本命になるコツは

穏便に別れた

穏便に別れた場合、お互いに相手を悪く思っていないことが多いです。
しかしながら、即連絡すると「ちゃんと別れたのになんで連絡してくるの?」と思われてしまいます。

男性は、別れた直後は「一人で自由になりたい」とか「他の女性と遊びたい」などと思うものです。
その気持ちを邪魔してしまうと、あなたの印象が悪くなってしまいます。一ヶ月くらいは冷却期間を設けて、元彼を自由にさせてください。

もしかしたら元彼の方から連絡があるかもしれませんし、仮になかったとしても、一ヶ月も空けていれば、こちらから連絡してもウザがられることはあまりないでしょう。
「お、久しぶり!どうしたん?」といった返事が来る可能性が高いです。

三ヶ月

次は三ヶ月前後のケースを見ていきます。以下のケースでは一ヶ月以内に連絡するのは早すぎで、失敗することが多いです。
標準的な長さである三ヶ月を目安にして冷却期間を設けるといいでしょう。元彼の気持ちが落ち着くのを待つのが大事です。

重くて別れた

あなたが重くて別れた場合は、三ヶ月ほどの冷却期間が必要です。
束縛や依存がきついと思われて別れたでしょうから、すぐに連絡すると「やっぱり重い」などと思われ、好感度は下がってしまいます。

束縛から自由になろうとして別れているので、こちらがすぐに追いかけても逃げられるだけなのです。
元彼が満足するまで自由にさせてあげないといけません。

また、一度ついたイメージはなかなか変わりません。
あなたが大きく変化しない限り「どうせ復縁してもまた縛られる」「重いのはもう勘弁して欲しい」などと思われてしまいます。

あなた自身に何かしらの変化がないと、元彼はまた付き合いたいとは思えないのです。以前とは違うと思わせる何かが必要です。
あなたが変化するには時間がいります。そういう意味でも冷却期間に三ヶ月という長さが必要なのです。

三ヶ月の冷却期間が過ぎたら、気軽な感じでLINEするといいでしょう。
重くならないようにして、返信しやすいLINEを送るのを心がけてください。

別れ際に重くなった

重くて別れただけではなく別れ際に必死になりすぎて重くなった場合も、三ヶ月の冷却期間を設けてください。
元彼に「意外と面倒臭いところがあるな」と思われているので、すぐに連絡してもいい印象はありません。

また、必死になったあなたを振り切って別れているので、すぐに復縁するのは自分の行動に一貫性がない気がして抵抗があるという一面もあります。
間が空いていないと「これですぐ復縁するのはなんか違うよな」と思われてしまいます。

やはり三ヶ月くらい空けていないと、元彼は復縁する気になれないのです。
別れ際に重くなったのは仕方ありませんから、気持ちを切り替えていきましょう。

環境の変化が原因で別れた

元彼が転勤することになった、転職した、受験することになったなど、環境の変化が要因で別れることもあるでしょう。
自分のせいではなく、仕事や勉強など外に別れの原因があるケースです。

この場合も、冷却期間を三ヶ月は設けてください。
新しい環境になって慣れるまでに大体三ヶ月は必要になるからです。

新しい環境になると、最初は慣れるのに苦労します。
男性は一つのことに集中したがる人が多いので、新しい環境に苦労している元彼に連絡しても相手にされません。「今はそれどころじゃない」と思われてしまいます。

新しい環境に慣れて一息ついたタイミングなら「そろそろ遊びたい」とか「彼女作りたいな」などと思うので、こちらの連絡にも好意的に反応してくれやすいです。

元彼の様子次第で多少連絡を早くしてもいいですが、基本的には三ヶ月くらいは空けて、彼が落ち着くのを待った方がいいでしょう。
彼が余裕ができたタイミングで声をかけるのがベストです。

このように、復縁ではタイミングが重要になることがあります。同じ相手、同じ言葉でも、タイミングを間違えるだけで結果が変わるのです。
SNSなどを利用して元彼の様子をうまく探り、いいタイミングで連絡を取りましょう。

マンネリで別れた

マンネリで別れたなら問題がないのですぐに連絡して良さそうに思いますよね。
しかし、すぐの連絡はおすすめできません。やはり三ヶ月は空けた方がいいです。

マンネリの原因は、変化がないことや短期間でたくさん会いすぎて慣れてしまった点にあります。
すぐに連絡しても気分が変わっていないので、元彼はあまり気乗りしません。マンネリ気分のままです。

そもそもすぐに連絡して復縁したくなるなら、マンネリが原因で別れないでしょう。
マンネリで別れた時点で、しばらく離れたいという気持ちがあることになります。

三ヶ月くらい間が空けば、元彼の気分も変わります。飽きも減りますし、お互いに多少変化もしているはずです。
久しぶりに会うと新鮮な気分になるので、マンネリな気持ちがなくなり、また楽しい時間を過ごせます。当たり前に思っていたデートが刺激的に感じられるわけです。

マンネリをなくすコツは、変わったことをやることと自分が変わることです。
三ヶ月の冷却期間のおかげでこれらの条件を満たせるので、また好きな気持ちが高まり、復縁したくなります。

別れてから返信がなかなか来ない

別れてから元彼にLINEしても既読無視される、または返信が1、2週間後になるという場合は、冷却期間を三ヶ月以上は空けた方がいいです。

現時点で元彼はあなたに興味がありません。もしも興味があるなら、そんなに放置や無視はしないはずです。
その状態でたくさんLINEしても結局返信は来ませんし、鬱陶しいと思われるだけです。

特に何度も電話をかけるのはやめてください。
怖いと思われるだけで、復縁を遠ざけてしまいます。

それならこれ以上好感度を下げずに元彼の気分が変わるのを待った方がお得です。
元彼にたくさん連絡したい気持ちをこらえ、機会を待ちましょう。

参考:【男性目線】元彼に電話するときの4つのチェックポイントと3つのコツ

友達関係になった

そんなに頻繁に連絡するわけではないものの友達関係として関係が続いているという場合は、二ヶ月か三ヶ月くらい間を空けてみてください。
少し距離を置いて、ただの友達として関係が固定するのを防ぐ意味があります。

元彼もあなたへの好意がなくなったわけではありません。好意があるからこそ離れないで欲しいと思って友達関係を望んだのです。
距離を置く期間ができれば、元彼はあなたのことが気になるようになります。ただの友達ではなく、異性としてまた意識するようになるのです。

せっかく友達関係でいられるのに距離を置くのは抵抗があるでしょうが、復縁するために必要なことだと思って少しの間離れてみてください。
どうしても抵抗がある人は、元彼の方から連絡があるまでこちらからは絶対にLINEしないといったことだけでもやってみましょう。

半年

LINEがずっと未読無視

LINEがずっと未読無視なのは、本当に全く開いていないか、ブロックされているかのどちらかです。
いずれにしても、既読さえもつかない時点で、メッセージを見るのも嫌だと思われているのは明らかです。

関係を断ち切ろうとしているので、こちらからどうにかして連絡を取っても、いい気はされません。
最低でも半年の冷却期間は必要でしょう。三ヶ月程度だとまだ短く、連絡を取りたくないと思われる可能性が高いです。

半年以上経てば、人は嫌な気持ちから脱していることが多いです。あなたを嫌だと思って連絡を絶っていても、半年後には意外と素直に話せるということもあり得ます。
最低半年、心配ならそれ以上の間を空けて、彼に連絡を取ってみるといいでしょう。

友達に仲介を頼むとか、SNSでメッセージを送るなどしてどうにかしてコンタクトを取ってください。

元彼に好きな人ができて別れた

元彼に好きな人ができて別れた場合は、元彼と新しい人の関係次第です。
元彼が新しい人とうまくいかずフリーになっているなら声をかけていいですし、新しい人とうまくいっているなら相談役ポジションを目指すか、全く連絡を取らないようにした方がいいでしょう。

基本的には半年くらいは復縁のアプローチを控えた方がいいです。
元彼の気持ちが落ち着いてこちらにも再び興味を持ってもらうには、半年ほどの長い期間が必要だからです。

元彼に好きな人がいると焦りますし、今すぐにでも奪いたくなるでしょう。
しかし、焦ったところで復縁はうまくいきません。我慢するのも大事で、チャンスが来るまで程よい距離感を保つようにしてください。

参考:【男性目線】別れてからすぐ新しい彼女を作る元彼の男性心理!判断すべきポイントとは?

喧嘩が続いて別れた

勢いで喧嘩して別れたのではなく、元々喧嘩をよくしていてある時に別れてしまったという場合、半年以上の冷却期間が必要です。

元彼の印象は最悪と言ってもいい状態です。それだけ喧嘩ばかりの彼女と別れて、ヨリを戻したいとはなかなか思えません。
嫌悪感がしばらく残るので、すぐに連絡するのはやめましょう。

冷却期間を設けるだけではなく、自分が付き合っていた頃と全然違うのだとアピールする必要もあります。
元のイメージを打ち消すくらい成長できていないと、復縁は難しいです。

付き合っていた頃の自分の未熟さを謝り、今の自分の良さをうまくアピールできれば元彼も「もう一回やり直してもいいかな」と思ってくれるでしょう。

冷却期間は一年以内で

冷却期間は状況によって使い分ける必要があります。
しかし、中には「一年以上空けないといけないこともあるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

基本的には、一年以上空けない方がいいです。
あまりにも期間が空きすぎると、元彼の気持ちが完全になくなってしまい、また一から関係性を築く必要が出てくるからです。

元彼も一年も経てば大きく変わっている可能性があり、あなたのイメージとのズレが激しくなっているかもしれません。
あなたの方が元彼の変わりように違和感を覚え、気持ちが萎えることもあるでしょう。

もちろん一年以上空けたから絶対に復縁できないわけではありません。しかし、元彼とスムーズに復縁したいなら、冷却期間は長くても一年以内に収めた方が無難です。
冷却期間は必要、でも一年を過ぎると復縁確率が下がっていくというイメージを持つことをおすすめします。

今回解説した内容を参考にして、一ヶ月から半年程度の冷却期間を空けて復縁のアプローチを始めるといいでしょう。

自分が振った場合の冷却期間は?

自分が振った場合の冷却期間は、ほとんど必要ありません。できるだけ早めに連絡するのをおすすめします。
自分が振った場合は元彼の方に未練が残っている可能性が高く、復縁をオーケーしてもらいやすいからです。

下手に冷却期間を空けてしまうと、元彼の気持ちが落ち着いてしまい、逆に復縁が難しくなります。
「せっかく気持ちが落ち着いてきた頃に連絡してくるとかなんなの?」と思われてしまいます。下手すると自分勝手と思われるかもしれません。

元彼の気持ちが落ち着かないうちに連絡をして、復縁を申し込んでください。反省と後悔の気持ちを伝え、今後はどういう関係になりたいのか正直に話しましょう。
誠実な気持ちで話をすれば、元彼もきっと理解してくれます。

冷却期間中の注意点

冷却期間はただ待っていればいいわけではなく、復縁のために動くことが大事です。
せっかくの冷却期間ですから、無駄にせず有効活用してください。以下の二点を守り、復縁の成功率を高めましょう。

元彼と会わない

冷却期間中はできるだけ元彼と連絡を取らないようにして、二人きりで会うのは避けてください。
二人きりで会うと我慢できなくなって復縁のアプローチをしたくなり、冷却期間が台無しになってしまうからです。連絡を取るのは最小限にして、会うのは避けるのがベストです。

また、気持ちの整理がつかない状態で勢いでホテルに行ってセフレ関係になるという展開も考えられます。
都合のいい扱いをされないためにも、冷却期間中は元彼と会わないようにしましょう。
よほど元彼の反応が良く、復縁できると思えない限り、安易に元彼と会わないようにしてください。

別れを振り返り自分を変える

冷却期間中に何もせず変化がないと、元彼に「何も変わっていないな。やり直しても同じ感じで別れそう」と思われてしまいます。
期待できないと評価されるので、復縁が難しくなります。

逆にあなたが大きく成長していれば「今度は大丈夫そう」と思ってもらえるでしょう。
元彼の期待を高めるためにも、冷却期間中に自分を変えて成長してください。自分の変化や成長を見せるのが復縁のコツです。

大事なのは、別れを振り返ることです。どうして別れてしまったのか、改善するにはどうしたらいいのかしっかり考えてください。
また、別れと直接関係がなくても、変えた方がいいところがあるなら、変えるようにしてください。

別れの原因を分析し、改善することができていれば、元彼はあなたを見直します。
人として尊敬できると思い、あなたを欲しがるようになるのです。外見も中身も磨いて、今以上のいい女を目指しましょう。

冷却期間を活用して復縁しよう

元彼と復縁するには冷却期間をうまく活用するのが大事です。
自分たちの状況に合わせて冷却期間を設け、自分を変えてからアプローチしてください。

うまくやれば元彼はあなたとの別れを後悔し、やり直したくなりますよ。

冷却期間中はとてもつらいですが、将来の幸せのためと思って耐えましょう。
焦って取り返しのつかない失敗をするのを避け、うまく元彼との復縁を目指してください。

復縁