【保存版】INSOU(インソウ)グループの体験入店時に必要な身分証明書を解説します

2018年8月29日

免許証のイメージ画像

5/5 (1)

  • 2018年11月11日更新
    • 記事をリライトいたしました
  • 2018年6月27日追記
    • インソウグループは体験入店時でも、キャッシュカードの提出が必要になりました。

「インソウグループで体験入店や採用が決まったけど、身分証明書は何を揃えたらいいのかな?何かいろいろ必要みたいだけど・・・運転免許証だけじゃだめなのかな?」

こんな疑問にお答えします。

求人担当 関根
求人担当 関根
大手グループ&コンプライアンス重視の経営だからこそ、揃えなくてはいけない身分証明証はしっかりしてます!
これは働く女の子や従業員を守るためなんですよね。

本記事の内容

  • インソウグループのブランドの都内のキャバクラや会員制ラウンジのわかる
  • INSOUグループで体験入店や働く時に必要な身分証明書の解説

こんにちは!求人担当の関根です。
普段は都内のキャバクラや会員制ラウンジの面接や体入のご相談やご紹介をさせて頂いております 。

1年間で平均300人以上の方からご相談やお申込みをいただき嬉しい限りです。

今回はインソウグループで体験入店や採用を頂き働くことになった際に必要な、インソウグループで揃える身分証明書について解説します。

面接や体入の応募はLINEから

LINEから簡単プロフィールを送っていただいたり、相談しながら店舗を決めることが可能です。

もちろん、気になった会員制ラウンジの面接や体験入店の申込み、時給交渉もOK!

24時間、無料でご利用できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してみてくださいね☆

インソウグループとは?

INSOUグループはキャバクラ業界でも最大手のグループでして、INSOU東やINSOU西といった呼ばれ方をします。
また昔からINSOUグループをご存知の方は“オスカー”と呼んだりしますよね。

ちなみに、「オスカーって芸能プロダクションのオスカープロモーションのことですか??」とご質問をよくいただきますが、まったく関係ないです。
ですので、夜の世界やキャバクラ業界でオスカーと言われているのは、INSDOUグループのことと思って頂いて問題ないですよ!

このキャバクラ業界最大手のINSOUグループで体験入店の際に1番ご質問を頂くのが、”身分証明書は何を揃えたら良いの?”ということ。
INSOUグループは大手の会社だけあり、風営法に完全に従うため身分証明書の提出がかなり厳格に決められています。

そのため、揃えなくてはいけない身分証明書や身分証明書の組み合わせがちょっとややこしいんですよね。

そこで、INSOUグループで必要な身分証明書や身分証明書の組み合わせ方法を解説します。
その前に「インソウグループってどんな店舗があるの?」という方向けに有名なキャバクラブランドをご紹介します

知っておいきたいINSOU(インソウ)グループのキャバクラブランド

ここまでINSOUグループ、東insou、オスカーと名前が出ていますが、そもそもどんなキャバクラや店舗名、ブランドがインソウグループなのかご存知でない方もいらっしゃると思います。
当サイト、”キャバラブ”では、都内を中心に店舗情報を掲載していますので、東INSOUを中心に何店舗か有名なキャバクラをご紹介してみたいと思います。

bisser(ビゼ)

インソウグループのキャバクラ、ビゼのイメージ画像

ビゼは六本木や池袋にあります、高級キャバクラ。
ビゼ六本木にいたってはキャバクラというよりはニュークラブのポジションになっています。

そのため、高額時給や客層もハイクラスな方々が多いんですよね。

都内はエリアに応じて客層と客数、それに応じて時給のベースが変わってきます。
ビゼは他にもミナミ、北新地、祇園、仙台と展開しているブランドです。

また、ビゼのコンセプトを継承した会員制ラウンジもあるんですよね。

参照:会員制ラウンジとは?人気のアルバイトなの知ってる?【始めないと損】

インソウグループは過去、西麻布に”カゼ”という会員制ラウンジを展開していた時期がありまして、キャバクラ部門だけでなく会員制ラウンジも積極的に出店しています。

求人担当 関根
求人担当 関根
西麻布にカゼをオープンした当初は”会員制ラウンジ”の名称が浸透しておらず、カゼは私服ラウンジとして営業していたんですよ。
今は、恵比寿を中心に会員制ラウンジを出店しています。

都内のビゼブランド

クラブズー(CLUB ZOO)

ズー東京六本木

ズーは都内ですと最大フロアを誇る超大箱のキャバクラで、一度は聞いたことのある有名ブランドのキャバクラです。

ズー六本木は、ロアビルの閉鎖に伴い、ケントスビルに移転し、3立体フロアの作りになりました。

お姉さん系やギャル系、清楚系と幅広いキャストカラーの方がいて、店内コンセプトも名前の通りアニマル柄を積極的に使用したオシャレな店内となっています。
また、キャバクラとしての知名度もあり、テレビや映画とのタイアップ、有名な芸能人達もご来店のあるキャバクラなんですよね。

全国に出店されていて、ミナミ、神戸、京都、東京、金沢、広島、仙台と展開しています。

都内のZOOブランド

美人茶屋

美人茶屋
美人茶屋や美人茶屋離宮とこちらも全国展開しているキャバクラです。
「美人茶屋離宮と美人茶屋の違いって何なの?」とよくご質問を頂きますが、六本木に限って言えば美人茶屋離宮は少しニュークラブよりのキャストが揃っています。

ニュークラブ系はお姉さん系ですね。
こちらもミナミ、神戸、祇園、歌舞伎町、広島と展開しているキャバクラですね。

エンジェル・フェザー

エンジェルフェザー新宿

エンジェルフェザーは大阪の北新地、東京の池袋と新宿、宮城の仙台と全国で4店舗展開している歴史あるブランド!
お姉さん系が多く在籍していまして、都内ですと2店舗展開しているんですよ。

特に、歌舞伎町に出店した時は話題性を一気にさらいまして、「インソウグループが歌舞伎町に来る!」と話題になりました。

求人担当 関根
求人担当 関根
セキネとしましては、仙台にあるエンジェルフェザー仙台がインソウ東グループではなく、インソウ西グループからの出店が気になるところです(笑)

都内のエンジェルフェザーブランド

インソウグループの数々のブランドたち

他にもですね、INSOUグループは数々のブランド店を出店してまして、

  • リブレット
  • カエラ
  • ドレス
  • フィッツ
  • エルミネ
  • 錵乃音(かのね)
  • ミュゼルバ
  • サンセットラウンジジェット

などがあります。

求人担当 関根
求人担当 関根
セキネとしては大阪にあります”ラ・ポッチャポッチャミナミ”が1番気になるところでして、
歌舞伎町にあります”豚に真珠”と東西対決してほしいなぁ~とささやかな願望があったりします。

INSOUグループで必要な身分証明書と組み合わせ

まず大前提として、20歳以上か?ハタチ未満か?によって必要な身分証明書が変わってきます。

さらに20歳未満の方ですと最終学歴が、中学校卒業か?高校卒業か?によっても揃えなくてはいけない身分証明書があります。
こういった点でINSOUグループが苦手って方結構いらっしゃるんですよね~。

というわけで、まずは20歳以上の方を対象にした必要身分証明書と組み合わせをご紹介します。

まずは顔写真付身分証明書を揃えよう

1番最初に必要になってくるのが顔写真付身分証明書です。

有効な顔写真付き身分証明書

  • 運転免許証
  • 学生証
  • パスポート
  • 住基カード
求人担当 関根
求人担当 関根
顔写真付身分証明書がない場合はiNSOUグループで働くことができません。
といいますかINSOuグループに限らずキャバクラやクラブ、会員制ラウンジでは顔写真付身分証明書が必ず必要になってきます。

なぜ顔写真付き身分証明書が必要なのかと言いますと”年齢確認と本人かどうか確認するためです。”

17歳以下の方は風営法の決まりで働くことができないからなんですよね。
また、それを知らずに雇っていたとしてもお店は摘発の対象になります。

ですので、顔写真付身分証明証が必要になるわけです。必ず身分証明証を準備しましょう。
そして、INSOUグループではお持ちの顔写真付身分証明証で用意するものが変わってきます。

順番にご紹介しますね!

運転免許証、学生証、住基カードをお持ちの場合

  • 運転免許証
  • 学生証
  • 住基カード

上記のどれかをお持ちの場合、次に必要になるのが、本籍地記載の住民票の写しです。
写しと書いてますが住民票のコピーではなく、正式名称が”本籍地記載の住民票の写し”と言われているんです。

ですので、よく「住民票を用意してくださいね」と言われたら”本籍地記載の住民票”のことだと思って頂いて大丈夫です。

住民票は市役所や区役所、近隣センター、出張所といったところで取得することができます。
お住いの地域によってはコンビニで取得できるところもありますが、コンビニでの取得にはマイナンバーカードが必要になるため、正直、区役所や市役所などにいかれて取得したほうが結果として早いですね

次に必要になるのが、現住所の確認できるものです。
これが結構ネックでして、INSOUグループで働く際にかなりの確率で「えぇ・・・なんかめんどくさそう・・・」となる要因です。

ですがこちらも特に難しいことはなく、有効とされているものが、以下のものです。

現住所の確認で有効なもの

  • 公共料金の支払い領収書(自分の名前と現住所が載っているもの)
  • 消印の押されている手紙(自分の名前と現住所が載っているもの)
  • 携帯電話の請求書や領収書(自分の名前と現住所が載っているもの)
  • アマゾンやヤマト急便、佐川急便といった送られてきた荷物(自分の名前と現住所が載っているもの)

簡単に言いますと”自分の名前と現住所が載っているもの”であればいいわけです。
「えぇ・・・そんなのもってないし、捨てたばっかりだよ。」という方もご安心を!

裏技みたいになりますが、コンビニや郵便局で自分宛に手紙を書けばOKです。

速達で送れば翌日には配達してくれますので、もし持ってない場合は近くのコンビニで手紙か郵便を送れば大丈夫ですよ!

そして最後に必要なものはキャッシュカードです。
体験入店の際には必要ないのですが、本採用を頂き本格的に働くことになりましたら必要になります。

インソウグループは2018年以降、体験入店時でもキャッシュカードが必要になりました。
ただし、体験入店時のお給料は所得税の10%、送り代、ヘアメイク代を差し引いた金額を全額日払いでもらえます。

インソウグループではお給料が振込になっています。

また、INSOUグループの契約銀行が三菱東京UFJ銀行などでもし、三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方は振込手数料が引かれないのでオススメですね。

もちろん他行やゆうちょでも可能ですので、手持ちの口座でキャッシュカードをご用意してくださいね。

パスポートをお持ちの場合

パスポートをお持ちの場合は本籍地記載の住民表の写しが必要ありません
パスポートに記載されている住所が本籍地とみなされるため、住民票を用意していただく必要がないんですよね。

ただし他に用意していただく書類が必要になります。

それは保険証です

二重で確認することを含めてのことでして保険証がいるとのことなんですよね。

次に必要なものが、現住所の確認できるものです。
これは先程と同じように、手紙やハガキ、公共料金の物や携帯代のもなどといった、自分の名前と今お住いの住所が入ってる郵便物であればなんでもOKです!

そして最後に必要なものがキャッシュカードとなっています。

よくある質問

インソウグループの身分証明書でよくある質問をピックアップしてみたいと思います。

免許証の住所を実家や引っ越す前の住所なんですが問題ないですか?
特に問題はありません。現住所の確認できる書類が必要になるので、そちらをしっかりご用意していただければ問題ないです。

正直これぐらいですかね。よくご質問頂くことと言えば。
あとは組み合わせでご質問頂くことが多いですね。

インソウグループで必要な身分証明書のまとめ

簡単にまとめますと、以下のようになります。

必要な身分証明書まとめ

  • 体験入店時は4点必要
  • 本入店時はキャッシュカードを含めた4点が必要

あとは手持ちの身分証明証から組み合わせていけばいいわけです。

運転免許証、学生証、住基カードの場合

  1. 本籍地記載の住民票の写し
  2. 現住所の確認できるもの
  3. キャッシュカード

運転免許証、学生証、住基カードの場合はこの組み合わせでインソウグループでの体験入店や本入店が可能になります!
それでは、パスポートの場合をみてましょう!

パスポートの場合

  1. 保険証
  2. 現住所の確認できるもの
  3. キャッシュカード

パスポートの場合は、住民票が必要なくなるため、既にお持ちの方はパスポートをお持ちの方が便利です。

2017年前半までは、体験入店時のキャッシュカードは必要ありませんでしたが、2018年から体験入店時でもキャッシュカードが必要になりました。

求人担当 関根
求人担当 関根
ただ、体験入店は全額日払いでもらうことが可能ですので、安心してくださいね!

以上がまとめですかね。
インソウグループの身分証明証は揃えるのがなかなか大変ですが、生きていく上で必要な身分証明書になるので、揃えておいても損はないですよ。

またもしわからないことがありましたら気軽に”キャバラブ”までご相談ください!

キャバクラや会員制ラウンジについての無料相談はこちら

面接や体入の応募はLINEから

「”体入ドットコム”や”きゃばきゃば”、他社求人サイトを見たけど、自分にあっているかわからない・・・」

悩んでいませんか?

LINEから簡単プロフィールを送っていただいたり、相談しながら店舗を決めることが可能です。

もちろん、気になった会員制ラウンジの面接や体験入店の申込み、時給交渉もOK!

24時間、無料でご利用できますので、まずはお気軽にLINEでお友達追加してみてくださいね☆

この記事の著者

この記事を書いた人
運営担当 関根
運営担当 関根(ネッチ)
京都のITフリーランス集団に所属するも挫折し、ナイトワークの扉を開ける。ひょんなキッカケからIT業務を任され再度インターネットの力や市場規模のデカさを痛感し、どっぷりネット業務に励む。ナイトワーク系の求人記事を中心にサイト運営中。趣味:seo対策/レオパ育成/美味しい料理を食べる/漫画/心理学

★を選んで記事を評価してみる