【男性目線】喧嘩別れをして音信不通になった彼氏の男性心理と復縁方法を期間別に解説!

音信不通になった彼氏とどうしたら復縁できるかなやんでいる女性の画像

彼氏と大喧嘩して別れたけれども、やっぱり復縁したいと思うことってありますよね。
しかし、穏便に別れたときと異なり、喧嘩別れだと復縁することは難しいです。

こちらからLINEをしても返信がないことが多く、音信不通状態になりやすいからです。

「音信不通だと復縁は無理なのかな…」

「もう彼は私のこと大嫌いなのかな」

などと思ってしまいますよね。気持ちは痛いほど理解できます。
前述のように喧嘩別れした元彼と復縁することは難しいです。しかし、可能性がゼロというわけではありません。

元彼の心理を理解し、それに合わせた行動をすれば、復縁できることもあるんです。
難しいなりに成功率を上げる方法があるわけです。

ここでポイントとなるのが、男性は喧嘩別れしてから期間ごとに心理が大きく異なるということ。
これを理解しないと復縁することはできません。

そこで今回は、喧嘩別れをして音信不通になった彼氏の男性心理と復縁方法を期間別に解説します。

「彼の気持ちが知りたい」

「どうにかして復縁の糸口をつかみたい」

という方は参考にしてみてください。

喧嘩別れをして一週間の場合

喧嘩別れをしてまだ一週間程度しか経っていない場合、男性はまだ心理的に不安定な状態です。
イライラが収まっておらず、そのイライラをどこにぶつけていいかわからなくなっています。

SNSでひたすら文句を投稿するとか、友達にお酒を飲みながら愚痴るといったことをやっている男性がすごく多いです。
たとえ表に出さなくても、内心イライラしていて、元カノのことを考えては「何で俺が悪く言われないといけないんだ、あいつは本当に物わかりが悪い奴だな」などと思ってイライラを繰り返しています。

とにかく不安定なので、この状態の元彼に話しかけてもうまくいくはずがありません。
最高にイライラしているときにイライラの原因に話しかけられるのを想像してみてください。冷静な対応をするのは難しいですよね?

良くないと思っていてもつい暴言を吐くこともあり得ますし、そもそも相手にしたくない、忘れたいと思うのが自然な心理です。

よって復縁を目指すなら、あえて「何もしない」のが正解です。

下手に連絡を取ると、イライラが増していくだけです。
連絡を取れば取るほど元彼からの好感度は落ちていきます。最悪ブロックされて永遠に連絡が取れなくなることになりかねません。

あなた自身も、元彼が思い通りに動いてくれないことで余計にイライラする可能性が高いです。
元彼に釣られてイライラすることもあるでしょう。仮に返信が来ても、お互いイライラして喧嘩になる可能性が高く、さらに関係が悪化してしまいます。

しかしながら、中には全く何もしないと「何だよ俺のことはどうでもいいのか?」「好きってその程度だったのか」と無茶苦茶なことを言う男性もいます。
元彼がこのタイプの男性に当てはまると思う場合は、謝罪LINEを一回だけ送るか、SNSでちょっと後悔しているような素振りを見せるといった軽いアクションを起こすのがいいでしょう。

自分が反省している様子を軽く伝えておけば彼が理不尽に怒ることはなくなります。
最低限のアクションに留めることでさらにイライラさせることもないので、これ以上関係が悪化することはないでしょう。

別れたから一週間の元彼は、自分のイライラを収め、気持ちの整理をしようとしています。恋人を失うほどの喧嘩を経験したのですから、気持ちの整理はすぐにはできません。
どうしても時間がかかります。しばらくは見守るくらいの気持ちでそっとしておいた方が復縁に結びつきます。

すぐにでも復縁したい気持ちをグッとこらえて、元彼が冷静になるのを待ちましょう。
喧嘩別れした元彼との復縁には、我慢する気持ちも大事です。

喧嘩別れをして一ヶ月の場合

喧嘩別れをして一ヶ月くらい経つと、男性も気持ちが落ち着いてきます。
正直まだイライラは残っていますが、段々と現実を受け入れるようになり、冷静さを取り戻しつつある時期です。女性側も気分が落ち着いてきて、やっぱり元彼と一緒にいたいと思うことが増えてきます。

この時期の男性の心理は主に二つ別れますので、順に解説します。

気持ちを整理し次に目が向いている

まず、あなたとの別れの気持ちを整理し、次に目が向いているという心理状態です。
別れのイライラが収まり、別れを過去の出来事として自分の中で処理できるようになったため、未来に目が向くようになっています。少しだけですが、心に余裕が出てきているわけです。

音信不通が続いているということは、復縁する気持ちは現時点ではなく、仕事を頑張りたいだとか、新しい恋愛をしたいといった気持ちが強くなっていることになります。

もしも復縁したいなら、自分から謝罪LINEをして復縁アプローチをするはずです。
少なくとも、あなたのメッセージを無視するということはないでしょう。LINEの無視は、元彼の気持ちがあなたに向いていない証拠だと思って構いません。

厳しい話になりますが、元彼の中では、別れたときのあなたは恋愛対象ではないということになります。
しかしながら、復縁の道が閉ざされたわけではありません。なぜなら、彼が復縁する気がないのは、あくまでも「喧嘩別れしたときのあなた」だからです。

つまり、あなたが当時よりも人として成長しているとか、綺麗になっているなどしてレベルアップしていれば、元彼がまた興味を示してくれることがあるわけです。
人は損したくない気持ちが強いですから、成長していい女になった元カノを手放して他の人に取られたくないという心理が働くんです。

別れてから一ヶ月経っても音信不通の場合は、ひたすら自分を磨き、元彼が興味を持ってくれる女性を目指しましょう。
あなたが変われば、それは必ず評判になって元彼の耳に届きます。そうすれば相手の方から連絡してくれることも十分にあり得ますよ。

意地になって謝れなくなっている

もう一つは、意地になって謝れなくなっているという心理です。
自分も少しは悪いという気持ちがあるものの、自分から連絡すると負けたみたいになるから嫌だと思っています。

「自分が元カノのこと大好きみたいで嫌だ」

「相手の方が悪いのに下手に出るのはプライドが許さない」

といった気持ちから意地張って音信不通を続けているわけです。
特にあなたが謝罪LINEをしてない場合は、男性の方が自分から謝るのは絶対に嫌だと思っている可能性が高いです。

この心理は、負けず嫌いでプライドが高いタイプの男性に多いです。元彼と付き合っていたときに

  • やけにあなたに張り合うことが多かった
  • ゲームやギャンブルが好き
  • 学校や仕事の成績が良かった

といった特徴はありませんでしたか?こういうタイプは意地張って自分から折れないことが多いです。

もしも謝罪LINEをしていないなら、あなたの方から折れてあげて、コミュニケーションのきっかけを作ってあげてください。
あなたも謝りたくない気持ちがあるかもしれませんが、復縁のためだと思って手を差し伸べましょう。子どもの相手をしていると思えば、意外と腹も立ちませんよ。

元彼の浮気など自分の方が被害者で謝りようがないと感じるときは

「あのときはちょっと責め過ぎたねごめんね」

「浮気はつらかった。でもこのまま離れるのはつらいよ。一回会って話さない?」

などと言って、彼を責めずこちらも後悔しているような気持ちを出してあげるといいでしょう。
元彼もここまで言われたら、会ってもいいかもと思う可能性が高いです。

相手の気持ちをすくいあげるような気持ちで声掛けをするといいでしょう。
復縁のために元彼を立ててあげてください。

参考:【男性目線】元彼に電話するときの4つのチェックポイントと3つのコツ

別れて三ヶ月以上の場合

別れて三ヶ月とか半年など、かなり間が空いている場合の男性心理は人によって様々ですから、一概には言えません。
ただ音信不通にしているので、基本的に元彼の気持ちはあなたに向いていないと思ってください。

まずは、彼が今どういう気持ちなのか探る必要があります。その方法は二つありますので、順に解説していきます。

LINEのブロックをチェック

LINEがブロックされているかで彼の気持ちが判断できます。LINEは誰もが使うコミュニケーションツールです。
メインに使っている人がほとんどですから、その人の心理状態も反映されやすいんです。

LINEがブロックされている場合は、嫌いという気持ちが強く、関わりたくないと思っている可能性が高いです。
中にはブロックしたまま忘れているという人もいますが、多くの場合は、関わりたくないと思っているでしょう。

この場合はこちらからのアプローチは難しいです。
こちらのメッセージが届かないわけですから。他のSNSのDMで連絡が取れるならいいのですが、それも難しい場合が多いでしょう。

自分ではどうしようもないので、友達に協力してもらってさり気なく様子を伝えてもらうとか、グループで遊ぶなどして見直してもらうきっかけを作ってもらうしかありません。

対してブロックされておらず未読無視されているだけの場合は、忙しいとか興味がなくてLINEを見ていないだけです。
こちらが思っているよりも嫌悪はなく、気持ちの整理がついている状態です。うまくいけば復縁の可能性は十分にあります。

LINEがブロックされているか確認する方法は、元彼が持っていなさそうな有料スタンプを送ることです。
適当な有料スタンプを選んで元彼を選択して送ろうとしてみてください。

ブロックされていると元彼を選択したときに「元彼はこのスタンプを持っているためプレゼントできません」と出てきます。
その表示が出てこない場合は、ブロックされていないということになります。

ブロックされているかどうかの確認はすぐにできますから、やってみてください。

参考:【男性目線】元彼に電話するときの4つのチェックポイントと3つのコツ

SNSの様子をチェック

彼のSNSの様子をチェックすることで、彼の心理を探ることもできます。
彼があまり投稿しておらず忙しそうにしているなら、それはあなたと関係がなく、単純に忙しくて音信不通になっているだけです。

この場合こちらがどれだけアプローチしても「忙しいときにうるさいな」と思われるだけですから、もう少し様子見した方がいいです。
元彼が落ち着いてから再アプローチするといいでしょう。

彼が頻繁に投稿していて、公私共に充実しているのに音信不通の場合は、現時点ではあなたと復縁したいという気持ちがないことになります。
あなたもSNSで頻繁に投稿して以前よりも成長したことや充実したことをアピールするか、元彼が興味を惹きそうな話題をLINEで送ってみるといいでしょう。

ただLINEしても元彼の心は動きません。
相手が「おっ」と思えるようなメッセージか、メリットを感じさせるメッセージを送って気を惹いてください。

また、SNSで元彼が新しい彼女について投稿してないか見るのも大事です。

彼女できたと言っていたり、彼女との自撮りを載せていたりしていたら、アプローチはしばらく避けてください。
今動いても面倒だと思われるだけです。

彼女が元彼のスマホを監視しているケースもあり、下手に連絡すると彼女に伝わってしまいます。
新しい彼女ができたらすぐにでも奪い返したくなる気持ちは理解できます。しかし、立場としてはこちらが不利です。

あくまでもこちらは「元」彼女なのです。その不利を自覚した上で動かないと、復縁はうまくいきません。

特に元彼が新しい彼女とラブラブなときは余計なアクションは起こさず、ひたすら耐えましょう。
チャンスは、彼女に関する投稿が減ってきたときです。男性は彼女に飽きて気持ちが冷めるときが必ずあります。

彼女に関する投稿が減ったときは新しい彼女とうまくいっていない可能性が高く、他の女性になびきやすいです。

そのときを狙って軽くLINEすれば、返信が来る可能性が高いです。
元彼から返信が来ても慌てず、元彼の話をじっくり聞いてあげてください。

「やっぱり元カノの方がいい」と思わせるのがコツです。

参考:【男性目線】復縁の可能性をあげる、彼氏に振られたときのおすすめの対処法3選

元彼の心理に応じたアプローチを

喧嘩別れをして音信不通になると、すごく不安になってしまいます。相手からの反応がないのですから、当然のことです。
しかし、そこで感情的になって極端な行動をに走ってしまうと、復縁の可能性がなくなってしまいます。

まずはきちんと冷却期間をとって自分を磨く、ときには友達に助けてもらうなど、様々な工夫をするのが大事です。
今回解説した内容を参考にして、元彼の心理を考えてください。そのうえでどういうアプローチが効果的か考え、実行してください。

このように元彼のことを真剣に考えて動くことが、元彼と復縁することに繋がるのです。
元彼から連絡が来なくても諦めずに、自分にできることをやっていきましょう。

復縁