国産のペイプリキッド人気おすすめ11選+5選

2018年11月18日

リキッドを調合してるイメージ画像

5/5 (1)

国産のリキッドでおすすめってどれなんだろう?そもそも海外リキッドと国産リキッドって何が違うのかな・・・国産のペイプリキッドの人気はどれ?

こんな疑問にお答えします、

本記事の内容

  • 国産リキッドを探しているいる人向け:人気の国産リキッドがわかったり、海外リキッドとの違いがわかるようになる
  • 国産リキッドの選び方のコツやなぜ安全かわかるようになる

こんにちわ。ねち男(ねちお)こと関根です。
ベイプ生活してますか?ベイプと言えば必須になるのが、リキッドですよね。

そして、リキッド選びはもちろんのこと、もう自分でリキッド調合まで始めてしまってませんか?!
自分は一旦スイッチがはいるともう、止まらなくなるのでほどほどにしてますが、やっぱりリキッド選びから調合ってベイパーなら一度は通る道だと思うんですよね。

その時点ですでに、シルクロードよりはるかに果てしない、宇宙誕生の神秘なみに果てしない自分だけのリキッド選びの度が始まってますから。

で、やっぱり自分もリキッド選びをした人間としては、気になるわけですよ。

「海外のリキッドで危ないって聞くけどどうなの?」

「やっぱり国産リキッドでしっかり取り揃えて置きたいな・・・」

と。それと、自分はアスパイアK4っていう初心者向けの爆煙ベイプでデビューしたんですけど、リキッドによって煙量が変わるんですよね。

参照:爆煙ベイプ アスパイアK4の口コミや評判は?実際に使い検証レビュー!

また、リキッドによって液漏れしにくかったりもするので、「ベイプと共にあれ」とスターウォーズ級の誓いを立てて持ち歩く人は液漏れ対策の一つとしてベイプ選びは大切なんですよ。
リキッドをまるっと変えただけで液漏れしにくくなったり、調合によってはなんかリキッドが緩くなってしまったりでこれまた愛着が湧くといいますか、楽しいといいますか。

関根のですね、そんな苦労話も織りませながら、リキッド選びのポイントやコツの解説や国産のオススメリキッドをご紹介します。

そもそも国産リキッドって何?

国産リキッドって実は厳密な定義がないんですよ。
なので、日本国内で作られているリキッドを国産リキッドと言えてしまうわけです。

でも国産リキッドを選ぶ理由ってやっぱり”ニコチンの有無”だと思うんですよね。

また、「国産のリキッドであれば安全なのでは?」というのもあります。
お詳しいベイパーの方ならご存知だと思いますが、海外のリキッドはニコチンが入っているものがあり、海外のニコチン入りリキッドは個人輸入することが可能です。

そしてニコチン入りリキッドの個人輸入は特別規制されているわけではないんですよ。
なので、個人で輸入して販売をせず個人で楽しむ分には格別問題がないです。

ただ、厚生労働省はインターネットなどでの個人輸入に関して以下のように警告をしています。

ニコチンを含む電子タバコは、基本的に、薬事法に基づく承認(有効性や安全性などの確認)が必要ですが、これまで国内で承認された製品はありません。
ニコチンを含む電子タバコをインターネットなどで個人輸入するケースも見られますが、以下の点から望ましくないと考えております。安易な使用は避けてください。

  • ニコチン以外の有害な物質が含まれている事例が報告されていること
  • 薬事法上の未承認の医薬品であり、品質、有効性、安全性が確認されていないこと

引用元: 厚生労働省:ニコチンが含まれる電子タバコがあります。使用にはご注意ください!

こうした背景があるため、ニコチン入りリキッドを避けたい方は国産リキッドをしっかり選ぶべきなんですよね。

国産リキッドが海外リキッドと比較するとなぜ安全なのか?

これは薬事法が関係します。
下記は独立行政法人国民生活センターの引用になります。

国内で販売されている電子タバコのカートリッジからニコチンが検出された。ニコチンは医薬品成分であるため、ニコチンを含むカートリッジは薬事法上問題となるおそれがあると考えられるため、調査及び指導を要望する。
引用元: 電子タバコの安全性を考える(発表情報)_国民生活センター

つまり、ニコチン入りのリキッドは日本の薬事法に抵触するため販売するのが禁止されているんです。
そのため、海外リキッドより国産リキッドの方が安全と言えます。

ただ、これも注意が必要ですが、国産リキッドっと書いてあってもニコチンが含有されているものが未だに販売されています。
上記の国民生活センターの引用文を読んでいただけばことの重大さが伝わると考えていますが、まだまだ国産リキッドでも安易に販売しているところがあるんですよね。

求人担当 関根
求人担当 関根
結局のところ国産リキッドと書いてあっても油断はできないんですよね。

では結局のところどうしたらいいのか?
以下にまとめてみます。

安全な国産リキッドを確認する方法

  1. 国産リキッドの表記を見つけたら必ず販売元と製造国を確認しする
  2. 販売元会社のホームページを確認する
  3. 販売元会社の販売者や会社代表者名を確認する
  4. 心配であれば、国民生活センターで会社名や代表者指名を検索する

これで特に異常がなければ、購入を検討してもいいかと。
気持ち的にも安心ですしね!

あとは、よく目にする名前のリキッドや、ドンキホーテなどでみたことリキッドなども一つの指標にしてもいいかと思います。
要するに、長い歴史のあるリキッドは販売の実績や歴史があるからなんですよね。

リキッド選びで大切にしたいPGとVGの比率

国産リキッド選びで知っておいきたいのが、PGとVGの比率についてです。
PGとVGの比率は国産リキッドに限らず、リキッド選びでは自分の好みのリキッドを探す際の手がかりになります。

このPGとVGの比率はなにかといいますと、サラサラ度と粘着度の比率です。

PGはサラサラ感のことで、サラサラ感が増すことで喉にグワっと来る感じが強くなります。
また、リキッドの調合などでも扱いやすいです。

ただ、デメリットとしては、煙量が少なくなったり、液漏れしやすくなります。

逆に、VGの比率が高いと粘度が上がり煙量が増したり液漏れしにくくなります。
ただ、VGが高いのもデメリットがあり、リキッドがコットンに染み込むのが遅くなるため空焚きしやすくなりコイルが焦げ付きやすくなります

ですので、メリット・デメリットをしっかり把握しておくのがポイントですね。
また、自分好みのPGとVGの比率を把握しておくとリキッド選びがスムーズになったり、フレーバーに限らないリキッド選びが可能になります。

PGの比率が高い場合
  • リキッドの調合がしやすい
  • 喉への感覚(スローとキック)が強い
  • 煙量が少なめ
VGの比率が高い場合
  • アドマイザーからの液漏れが多少ましになる
  • 煙量が多い
  • リキッドの供給がマイルドになるのでコットンが焦げ付きやすくなる

最近では、MAX VGという爆煙向きのリキッドもあるのでこの当たりも注目してみると楽しくなります。
ただ、やはり粘度が上がると空焚きしやすくなるので注意が必要です。

求人担当 関根
求人担当 関根
爆煙仕様のベイプに、爆煙用リキッド・・・たまりませんねー

ちなみに、爆煙仕様のベイプについては以下にまとめてありますので、参考にどうぞ。

参照:人気の爆煙ベイプおすすめ7選!【初心者でも安心】

おすすめの国産リキッド2選

それでは人気の国産リキッドをご紹介します。
チョイスのテーマは”安全、”有名”です。

ですので中級者やマニアックなリキッドを探されている方にはちょっともの足りないかもしれません。

正確な確認が取れ次第随時更新予定です!

SNOW FREAKS(スノウフリークス)

BI-SO(ビソ)

NINJA WORKZ(ニンジャワークス)

VapeSick(ベイプシック)

MK Lab(エムケーラボ)

Vape Fuel Japan(ベイプフューエルジャパン)

VapeHack(ベイプハック)

SAROME TOKYO(サロメトウキョウ)

LOOM TOKYO(ルームトウキョウ)

TOKYO WORKS(トウキョーワークス)

KAMIKAZE E-JUCE(カミカゼイージュース)

関根チョイスから外れたけど、ベイパーに評判の国産リキッド!

実は国産のリキッドってまだまだあるんですよ。
ただ、今回は関根チョイスのテーマとして、安心・安全の国産リキッドをピックアップしてます。

今からご紹介の国産リキッドは、会社名が不明だったり代表者名が不明だったり、分析試験の結果がなかったりするものになります。
そのため「なんか不安だなぁ・・・」という気持ちになるかもです。

しかし、ベイパーからの絶大な支持を得ているのは事実です。
ですので、これからご紹介させていただくリキッドは自己責任で楽しんでくださいね。

そもそも、ベイプ自体、自己責任で楽しむものです。
自分で責任をもって楽しんでみてくださいね。

TAMA VAPE IZANAMI(タマ ベイプ イザナミ)

B-Juice(ビージュース)

8thsin(エイスシン)

なにわでんねん

skull original(スカルオリジナル)

まとめ

いかがでしたか?
リキッド選びはどうしても自分の好みの味を優先したり、パッケージの可愛さで選んでしまいがちですが、PGとVGの比率やベイプトリックを練習したいなどの目的に合わせて選んでみたりするとぐっと選びやすさが増します。

ぜひ、自分にピッタリの安心安全な国産リキッドを選んだり、誰にもマネできない特別な味わいやフレーバーのリキッドを開発してみてくださいね!

この記事の著者

この記事を書いた人
運営担当 関根
運営担当 関根(ネッチ)
京都のITフリーランス集団に所属するも挫折し、ナイトワークの扉を開ける。ひょんなキッカケからIT業務を任され再度インターネットの力や市場規模のデカさを痛感し、どっぷりネット業務に励む。ナイトワーク系の求人記事を中心にサイト運営中。趣味:seo対策/レオパ育成/美味しい料理を食べる/漫画/心理学

★を選んで記事を評価してみる