【男性目線】束縛が原因で別れた彼と復縁するコツ。自分を変えて復縁率アップ

束縛が原因で別れた彼と復縁できた時の記念画像

「束縛をし過ぎて彼と別れてしまった」

「今はもう反省しているから復縁したい」

などと悩んではいませんか。
復縁のし過ぎで彼と別れてしまったものの、やっぱり諦めきれないとか、もう一度チャンスが欲しいと思う人は多いでしょう。

好きな人を束縛してしまう気持ちはよく理解できます。
いつ振られるか不安になってしまい、安心を得るために束縛してしまった、彼の愛情表現が少ないので、もっと愛されたくて束縛してしまったというのがよくあるパターンです。

しかしながら、彼も一人の人間です。自由に振る舞いたいという気持ちはどうしてもあります。

人は自由を侵害されると、逃げ出したくなります。自由であろうとするわけです。
あなたが束縛すればするほど、彼は自由になろうとしてしまいます。

「最初は良かったけどちょっと重い」

「好きにさせてくれる人と付き合いたい」

などと思って、別れたくなるわけです。一度ついたイメージを覆さない限り、彼はずっとあなたを束縛する人だと思ってしまいます。
このことが、束縛が原因で別れたカップルの復縁を難しくしています。イメージを変えないと復縁はできないのです。

逆に言えば、イメージを変えることができたら、束縛が原因で別れても復縁できます。

「もう束縛しないから復縁して欲しい」

と思うあなたのために今回は、束縛が原因で別れた彼と復縁するコツをご紹介します。
どんな点に気をつけないといけないのか把握して、彼との復縁を目指しましょう。

復縁は長期戦を覚悟する

きっとあなたは、後悔が大きく、今すぐにでも復縁したいと思うでしょう。
しかし、すぐの復縁はほぼあり得ないと思ってください。一週間や二週間で復縁することは難しいです。

なぜなら、彼の中にはあなたに対するネガティブなイメージがあるからです。
「束縛された」「重い人」「逃げたい」といった気持ちがあるので、少し時間が経ったくらいではイメージは変わりません。

むしろ「別れたのに復縁を迫られた」という被害者意識が芽生えてしまい、余計に逃げたくなる気持ちが強くなってしまいます。

人がネガティブな感情を忘れるには、数ヵ月の月日が必要だと言われています。
気持ちを整理するには時間が必要なのです。しばらくは我慢の時だと思って、長期戦で復縁を目指す覚悟を持ちましょう。

また、彼は今「やっと自由になれた」と思っています。
今まで束縛されて不自由だったという意識があるので、自由に過ごしたいという欲が強くなっているのです。

彼の気持ちを満足させるためにも、しばらくは自由にさせてあげた方がいいです。
自由にできた時間がある程度あれば、後々復縁にも乗りやすくなります。

やはり人は、満足した状態の方が他人の言うことを聞くものです。
「全然自由に過ごせてない…」という不満があったら、言うことを聞く気になれません。彼の不満が解消されるのを待ち、チャンスを窺いましょう。

焦っても、いいことは起きません。じっくりと彼にアプローチして、復縁を成功させてください。

彼の気持ちを知るのが大事

復縁で大事なのは、彼の気持ちを知ることです。
一時的に自由になりたかっただけなのか、それともあなたを本気で無理と思って嫌っているのかによって、復縁のアプローチの仕方も変わってくるでしょう。

彼が今何をやりたいのか、あなたをどう思っているのか知ることはとても重要です。
あなたが反省して「彼好みに自分を改善しよう」と思ったときに彼の気持ちがわかっていないと、努力の方向性が見えずに困ってしまいます。

自分が目指すべき方向性を知り、彼が「復縁したい」と思う女性になるためにも、彼の気持ちを知るようにしてください。

彼の気持ちを知る方法はいくつかありますが、中でもおすすめなのが、別れる時の彼の言葉を思い出すという方法です。

別れ際の言葉から彼の気持ちを知ろう

別れ際に彼はどういう言葉を言いましたか?
別れ際の言葉は本音が見え隠れすることが多く、復縁する際の重要な情報になります。

「束縛がきつくてもうやっていけない」

などとハッキリ理由を言ってくれた場合は、あなたそのものが嫌になったのではなく、束縛される状態を嫌になっているだけです。
つまり、あなたが束縛するのをやめれば、復縁できる可能性は十分にあります。束縛以外のところは嫌とは思っていませんから。

「もう束縛しないんだ」と思ってもらえれば、あっさり復縁するでしょう。

しかし、束縛以外にも文句を言われた、彼に「もう関わりたくない」などと言われたという場合は、束縛だけではなくあなた自身も嫌いになっています。
よほど自分を変えてアピールしない限り復縁は難しいです。

彼は心底ウンザリしていますから、三ヶ月から半年くらいは間を空けた方がいいでしょう。
下手するともっと間を空ける必要があるケースもあります。

さらに気をつける必要があるのが「俺も忙しいし、構ってやれないから別れよう」「なんか好きじゃなくなったかも。別れよう」など、束縛についてはぐらかされて振られたというケースです。

あなたは「束縛で振られたんだ」と勘づいているのに、彼が束縛についてハッキリ言わず、適当なことを言って振っているわけです。

あなたが勘づいているくらいですから、彼は無意識に束縛が無理という態度を取っているはずです。
実際に束縛がきついと思っていることも多いでしょう。こういう時の女性の感覚はよく当たりますから。

それにもかかわらず束縛についてはぐらかすのは、彼の中に

「面倒臭いからそれっぽいこと言ってさっさと別れよう」

「どうせ説明しても理解されないだろう」

といった気持ちがあるためです。

あなたとの関係を諦めているわけです。面倒なことを避けて、早く楽になりたいとしか思っていません。

完全に諦めた気持ちがあるため、明らかに嫌われたケースよりも復縁しづらいです。
復縁に必要なのは期待感です。諦められていると、この期待感がゼロになるため、他のケースよりも格段に復縁しにくくなります。

よほど念入りにアプローチし、自分を変えて「今度はいけるかも」と思わせない限りは、復縁はできないと思ってください。

まとめると

  • 束縛を嫌がられただけ→束縛しないことを伝えて反省の意思を示す
  • 束縛+自分自身も嫌われた→間を空け、自分をガラリと変えてアピールする
  • 理由をはぐらかされた→彼の期待感を引き出すことを意識してアプローチする

のがおすすめです。
いずれにしても、諦めずに自分にできることをやるのが大事です。

束縛が原因で別れた彼と復縁するコツ4つ

それではここからは、束縛が原因で別れた彼と復縁するコツを具体的に見ていきます。
復縁する際は以下の内容を意識してアプローチしてください。

別れた直後にしつこくしない

今あなたが彼と別れたばかりだとか、別れ話が出て別れる直前だという場合は、しつこくしないでください。
振られたくない気持ちから、彼に感情をぶつけたくなる気持ちはよくわかります。

「もう束縛しないから許して!」

「振られたら生きていけない」

などと言ってしまうわけです。
残念ながら、何を言っても彼の心には響きません。ただただ重いと思われるだけです。

別れ話をしている時点で、彼は別れを決意しています。さんざん悩んだうえでの決断なのです。
束縛が嫌だと思っている状態で「別れずこのまま付き合って」という、ある意味縛られるようなことを言われても、彼は受け入れる気になれないのです。

「やっぱり重いな」

「別れるのが正解だ」

と思われて、余計に別れの決意を固めてしまいます。
下手に食い下がるよりも

「今までありがとう。頑張ってね」

「たくさん迷惑かけてごめんね。私はずっとあなたの味方だから」

と言って、あっさり引いた方が彼の心象は良くなります。

「あれ、束縛する彼女のはずなのに、やけにあっさり別れてくれたな…」

と思って、逆に彼の心に残るようになるのです。
後々彼があなたを思い出すとき「束縛きつかったけど、そんなに悪い子じゃなかったかも」と思うようになります。

人間は単純なもので、最後の印象が強く残るものです。
「終わり良ければすべて良し」という言葉があるように、終わりが良いだけで満足感も増えます。

最後にいい女を演じて別れることで、復縁アプローチを仕掛けた時に、彼がいいリアクションを取ってくれるようになるのです。

彼を自由にさせる

今すぐにでも復縁したい気持ちをグッとこらえ、彼を自由にさせてください。
彼は「束縛から解放されたい」「自由に遊びたい」という気持ちでいっぱいになっているからです。

まずは彼の気持ちを満たしてあげて、その後あなたがアプローチするのが筋です。
彼の気持ちが満たされないままアプローチしても、彼はずっと「自由になりたい」と思い続けるのでうまくいきません。

言ってしまえば、彼にガス抜きをさせるわけです。
新しい彼女ができるのではないかと不安になるでしょうが、まずは彼を自由にさせてあげましょう。

彼を自由にさせている間、あなたは自己分析をして、自分磨きをしてください。
彼と離れる時間は決して無駄にはなりません。むしろ離れたからこそお互いの存在の大きさを理解できることもあります。

あなた自身彼に依存的になっているので、自立が必要です。
自立して一人の大人の女性としてしっかりしてから復縁を申し込んだ方が、彼もやり直そうという気持ちになります。

彼を自由にしつつ、あなたも自由に生きる練習をしましょう。

彼氏のことを考えすぎない

束縛が激しい人は、常に彼氏に意識を向けています。彼氏に意識を向けているから気になりますし、縛りたくなるわけです。
生活の中心が彼になっていて、自分も彼という存在で埋め尽くされています。

彼氏を自分そのもののように思っているので、彼が何をしているのかわからないと不安になるわけです。
まずは自分の意識から彼を切り離すようにしてください。

その第一歩として、彼のことを考えすぎないようにしましょう。
常に彼のことを考えるのはやめて、もっと自分のために時間を費やすのです。彼のことを考えない時間を作るわけですね。

  • 新しい趣味を始める
  • 友達と遊ぶ機会を増やす
  • ダイエットに力を入れる
  • たくさんの創作物に触れる

といったことをやって、自分を磨きつつ彼のことを考えないようにします。
これらのことはやって損になることではありません。楽しい気分になるものや、よりいい女になることに繋がるようなものばかりです。

彼から自立しつつ、もっと女性としてレベルアップすることを目指しましょう。

SNSをフル活用する

復縁する時は、SNSをフル活用してください。SNSのうまい使い方は二つあって

  • 自分の良さをアピールする
  • 彼の様子を知って手を差し伸べる

という方法があります。順に解説します。

まず、自分の良さをアピールするという方法です。
SNSに写真を載せて充実している様子をアピールする、自分が綺麗になっているのを見せるといったやり方です。

こうすることで彼はあなたの今を知り、昔よりもいい女になっていることを理解できます。
あなたがいい女になったと知れば、彼も声掛けしたくなります。誰だっていい女と付き合いたいと思うものですから。

元々彼も、あなたに惚れて付き合ったはずです。
しかし、束縛というデメリットが大きいと思って別れたのが今の状態です。

彼があなたをいい女だと思えば、メリットが上回って付き合いたくなるわけです。
今はもう束縛しないことを伝えられれば、デメリットもなくなり、彼はさらに復縁したくなるでしょう。

もう一つの使い方は、彼の様子を知って手を差し伸べるというもの。そもそも男性が復縁したくなるのは、孤独を感じたときや、弱っているときです。
他にいい女性がいない状態だと、元カノと復縁したくなります。

SNSを見て、彼が仕事で忙しくて参ってそうだとか、新しい彼女とうまくいってなさそうということがわかったら、彼を励ましてあげてください。
彼に話しかけて、彼の話をじっくりと聞いてあげましょう。

彼を支えてあげることで、彼はあなたに感謝し、あなたと付き合いたいくなるのです。
彼の話を聞きつつも、ほんの少し自分の話もして、今は前と違うのだと伝えるといいでしょう。

彼のよき理解者を目指すことは、復縁確率をかなり高めてくれます。SNSを有効活用して、彼の気持ちを探ってみてください。

束縛が原因で別れても諦めない

束縛が原因で別れたら、もうマイナスイメージは覆せない…ということはありません。
努力次第でイメージは改善します。

あなたが彼に依存するのをやめた上で、自分を磨いていけばいいのです。
そしてそれをうまく彼にアピールしてください。あなたが前と違うということがわかれば、彼も復縁したくなりますよ。

束縛が原因で別れた場合、復縁は長期戦です。感情的になってすぐに結果を求めようとはせず、じっくりと彼との仲を修復していきましょう。
彼のよき理解者になって、彼を支えてあげてください。

2020年10月8日復縁