サテライトサイトのインデックスを早めるために「WebSub/PubSubHubbub」プラグインを活用すべし

2017年8月4日

5/5 (2)

「Googleに早くインデックスさせたいんだけど、いい方法ないかな?サテライトサイトに早くクローラーを早く呼び込みたいんだけど・・・」

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • グーグルサーチコンソールを使わずにインデックスを促進する方法がわかる
  • WebSub/PubSubHubbubの解説
求人担当 関根
求人担当 関根
Google Search Consoleの『Fetch as Google』が最速でインデックスしてくれますけど、
被リンク目的のサテライトサイトなどは登録すると、グーグルからペナルティ判定をもらうリスクが上がります。

こんにちは。求人&サイト担当のセキネです。
例えば、どこかのお店がオープンしてレポート記事を書いた時やニュースに反論したくて記事を書いた時、他にも中古ドメインを活用してサテライトサイト作った時は早くインデックスさせたいのがアフィリエイターやセルフSEO対策をする人の悩みですよね。

今回はクローラーに「新規ページできましたよ」と伝えることのできるプラグイン、WebSub/PubSubHubbubを解説します。

WebSub/PubSubHubbubを使う場面って?

WebSub/PubSubHubbubを使うことでコンテンツの更新を随時通知してくれるというもの。
つまりクローラーにいち早く書いた記事を見つけてもらうことが可能になるんですよね。

何をするのかをおおまかに言うと、“Hub”というサービス(サーバー)がコンテンツの更新を随時通知する仕組みになります。

PuSHに対応したサーバー(分かりやすくブログと考えてもらって結構です)は、更新がある度にその旨をハブに伝えます。
更新通知がなくてもハブは定期的にサーバーに更新があるかどうか問い合わせします。
ネットワークの障害などで一時的に通信ができなくなったことが原因で、更新通知が届かなかったなんていうことがあるかもしれませんよね。
つまり、ハブには最新の情報がリアルタイムで常に届くということになります。
引用元: Google、PubSubHubbubで真のリアルタイムインデックスを実現 | 海外SEO情報ブログ

こうした仕組みを活用することで、インデックスが瞬時に行われるようになるわけです。

「でも、そんななの使わなくても、サチコ(グーグルサーチコンソール)のFetch as Googleで充分対応できるのでは?」

確かに、「Fetch as Google」はインデックスを瞬間的にしてくれます
しかし、インデックスされた後に、GRCでキーワードを追っかけてると、後から順位が上昇したり下がってくるような感じなんですよ。

ですので、普段の記事更新やサイトの更新の際は「Fetch as Google」を使ってインデックスさせるのはもちろん、Googleに記事更新しましたよーって感じでしっかりクローラーに来てもらい、順位付けしてもらうほうがいいかもって考えてます。

それと、サテライトや自演リンク用のサイトを作っている人って、サテライトサイトをサーチコンソールで登録しないじゃないですか。
サテライトサイトや被リンク用の自演サイトをサーチコンソールに登録すると登録してあるサイトはほぼ確実にペナルティくらいます

普通に考えたらそうですよね。
グーグルにワザワザ、リンク用のサイト作ってますって宣言しちゃってるんですから。

でも、サテライトサイトが早くグーグルに認識されないと被リンクの効果が得られないというのもわかります。
そこで、今回ご紹介のプラグイン、「WebSub/PubSubHubbub」がオススメです。

読み方がなんかちょっとセクシーで舌をかみそうになりますが、「ウェブ/パブサブハブバブ」って読みます。

ウェブ/パブサブハブバブ

うーん、ワードプレスプラグインの早口言葉難しさランキング1位といっても過言ではないですね・・・。

WebSub/PubSubHubbubの設定方法

プラグインはインストールした後に細かく設定をしたり、設定のあとに各々のサイトに合わせてカスタマイズしたりといったことがありますが、WebSub/PubSubHubbubはそんな設定は一切しません。
インストールして有効化するだけです。

これだけで、Googleにインデックスを促進させることができるんですよね。

WebSub/PubSubHubbubを導入前と導入後のインデックスまでのスピードを検証してないのですが、WebSub/PubSubHubbub導入後は早くて1日。

あくまで自サイトに限ってですが、遅くても3日以内にはインデックスされてます。

例えば最近、「漫画「岸辺露伴は動かない」の感想は?ジョジョと荒木飛呂彦を知るための1冊!」を公開しました。

参照:漫画「岸辺露伴は動かない」の感想は?ジョジョと荒木飛呂彦を知るための1冊!

マンガ【岸辺露伴は動かない】の感想は?ジョジョと荒木飛呂彦を知るための1冊!のスクショ

公開日は2017年8月1日となっていますよね。
自分は記事を公開した直後にランキングをチェックできるGRCに、狙っているキーワードを設定するようにしてます。

GRCを見てみましょうか。

グーグルのランキングで100位以内に登場してきたのが、2017年8月3日。
記事を公開してから、2日で100位以内にランクインしています。ということはそれ以前にインデックスされている可能性があるわけです。

翌日の2017年8月4日には1位になっています。
ここからどういう風に順位が動くかは追っかけてみないとなんとも言えませんが、WebSub/PubSubHubbubの導入してからは、インデックススピードが上がるだけでなく、グーグルにしっかり評価されて相応の順位に落ち着くことがわかります。

ですので、Google Search Consoleに登録できないサテライトサイトや、被リンクサイトのインデックス促進やクローラーを呼び寄せる手段として、「WebSub/PubSubHubbub」の導入は選択肢の一つとしてアリですね。

WebSub/PubSubHubbubの具体的なインストール方法

それではさっそくインストールしていきます。

wordpressの設定画面のプラグインの項目で新規追加をクリック。

画面右上部分に「プラグインの検索」が現れるので、こちらに「WebSub/PubSubHubbub」を記入します。

そうしますと、WebSub/PubSubHubbubが出てきますの、「今すぐインストール」をクリックしてインストールをしてください。

これで、WebSub/PubSubHubbubのインストールが完了して、特に設定をする必要もありません!
いつも通り記事を更新するだけです。簡単ですよねー。

ぜひ、WebSub/PubSubHubbubをインストールしてみてくださいね。

WebSub/PubSubHubbub作者のMatthias Pfefferleさん

作者はMatthias Pfefferleという方。
ブログが英語なんで日本語翻訳してボゥーっと読んでましたが、wordpressのイベントに参加されてるのとブログ歴も10年以上とかなり、ITにお詳しい方。

wordpress.orgに2006年に登録されているので素晴らしいですよねー。

何かプラグイン開発しようかしら 笑

当方は英語が読めないのであれですが、気になった方は読んでみられるのもいいかもしれません。

参照:notiz.blog

WebSub/PubSubHubbubのまとめ

さていかがでしたか?
インストールするだけで、インデックスを促進してくれるプラグイン、WebSub/PubSubHubbub。

本チャンのメインサイトにインストールするのもありですし、サテライトサイトや被リンクサイトに用いるのもありです。
とにかく簡単に利用することが可能なので、インストールしておいて損はないですねぇ。

是非活用してみてくださいね!

この記事の著者

この記事を書いた人
運営担当 関根
運営担当 関根(ネッチ)
京都のITフリーランス集団に所属するも挫折し、ナイトワークの扉を開ける。ひょんなキッカケからIT業務を任され再度インターネットの力や市場規模のデカさを痛感し、どっぷりネット業務に励む。ナイトワーク系の求人記事を中心にサイト運営中。趣味:seo対策/レオパ育成/美味しい料理を食べる/漫画/心理学

★を選んで記事を評価してみる